07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
“dosh.”運営サイト開始にあたって

いよいよdosh.の運営サイトが本格稼働します。まずは今春の神奈川県公立高校入試のおおよその雰囲気を知っていただくための科目ごとの分析と、受験者平均点の発表からスタートします。

 

さて、時間は戻りまして、dosh.が始まった経緯を。

慧真館の岸本先生、すばるの中本先生が、それぞれこの件でブログがあがると思いますが、ここのブログでは私岡本目線でお話させていただきます。

まずは岸本先生関連から。岸本先生は数年前に初めてお会いしました。開校当初から凄い実績を出している塾だと聞いていまして、しかもあのブログのクオリティー。すぐにブログのファンになりました。とは言っても横浜と小田原の塾ですので、その後なかなか直接お会いする機会もなく時が過ぎました。転機は昨年の4月に行われた名古屋での塾ブログフェス。岸本先生が愛知の國立先生と共に塾ブログフェスを共同開催されると聞き、当然申込。ブログフェスの後の懇親会で久しぶりにお話して、距離感が縮まりました。そしてその後は結構な頻度で小田原に出向くことに(笑)

次に中本先生。中本先生との関りは、“すばる”という鎌倉の凄い塾があるという話を教材会社の方から伺ったところから始まります。いつかお会いしたいなと思っていたところ、昨年の小田原での会合の席で初めてお会いすることができました。(また小田原かい(笑))その時、中本先生も素晴らしい先生だなと思い、会合の後、岸本先生に“いつか3人で何かできればいいですね”と提案しました。

話が急展開したのは昨年末。中本先生を岡本塾にお招きする機会に恵まれ、意気投合。その場で中本先生から“3人で何かやりませんか?”というお話を受けます。むしろ、こちらから提案したいところだったので、願ったり叶ったりです。その後は話がトントン拍子で進み、今回のdosh.の立ち上げに至りました。

 

さて、そのdosh.設立について。dosh.は神奈川県の実力のある個人塾が集まり、“神奈川に新しい風を”を目標にします。神奈川県は全国でも稀に見るレベルで大手塾の寡占が進んでいます。生徒数1万人以上の規模の大手塾が4つも存在するのは神奈川県だけだそうです。それだけ大手塾に生徒が集中すれば当然、零細個人塾にしわ寄せが来ます。せっかく教務力・人間力に富んだ素晴らしい先生が教えている塾であっても、地域に選ばれずに埋もれてしまっている現実があります。これは地域にとっての損失です。それではいけない、実力のある個人塾がもっと地域に認知されないと!

dosh.設立メンバーの慧真館・すばる・岡本塾は、毎年素晴らしい実績を叩き出す超職人塾です。慧真館は小田原にありますので厚木・小田原・平塚江南といった県西地区のトップ校を中心に、すばるは鎌倉にありますので湘南・柏陽・横須賀といった湘南地区のトップ校を中心に、岡本塾は横浜にありますので横浜翠嵐・川和・多摩といった横浜川崎地区のトップ校を中心に、それぞれ十分な実績を積み重ねています。dosh.の意味は呉越同舟から転じて“同じ舟の上で共闘する同志”。まずはdosh.の3塾が先頭に立って、神奈川県という同じ船にいる個人塾の素晴らしさを発信していきます。そして実力のある個人塾が塾選びの選択肢として挙がるようになればと考えています。とにかく3塾とも気合入っている塾なので、是非是非ブログやTwitterをご覧ください。3塾の人間力・教務力・情報力の一端をご理解いただけるかと思います。

 

最後に。今回開示しました自己採点。dosh.は個人塾の集まりにつき、各高校の受験者数はそれぞれわずかなので、同レベルの高校ごとにグループ分けという形を取らせていただいております。ご理解ください。しかし、こういった情報を素早くご提供できるスピード感は個人塾ならではだと思っています。その個人塾のスピード感は授業でも発揮されます。早速、今春入試の傾向の変化を見て、授業に反映することができますよね。個人塾、凄いでしょ?もっと個人塾のこと知ってくださいね。もちろん、dosh.も積極的に情報発信していきますので。

岡本 | 岡本塾とは | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
入試前日

入試前日です。

 

毎年のことながらドキドキです。

 

毎年タイムリミットは決まっていて

それに向けて取り組んできてはいますが、

やはり、毎年違う生徒を相手にしていますので

完成度の違いがあります。

 

もちろん完璧を求めれば

それこそ中学校3年間では時間が足りないわけで、

凝縮して授業なり演習なりしないといけないんですけど。

 

まあ、そもそも入試は合格点さえとればよくて、

全問正解する必要はそもそもないんですけどね。

 

それでも、

「あれももっとやればよかった」

「これももっとやればよかった」

そんなことを試験前日というこの日に毎年毎年考えます。

 

まあ、私に限らず、神奈川の高校受験の塾の先生はみんな

今日はそういった気持ちを持っているのかな。

 

さあ!

あとは特色対策、面接対策を精一杯やって

高校へ送り出しましょうかね。

 

まだ中2・中1の定期試験対策もありますし

しばらく忙しいですけど

気力はまだまだありますよ!

 

生徒たち頑張れ!

俺も頑張る!

 

 

岡本 | 岡本塾とは | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
生徒の合格体験記2

生徒の合格体験記です。

 

「最初は全く届いてなかった志望校に合格することができたのは、やはり楽しい塾の先生と仲間がいたからだと思います。本当に岡本塾に入って良かったです。ここほど生徒のやる気に応えてくれる塾はないと思います。」

 

 

岡本塾に入るまで私は長い時間をかけてだらだらとでしか勉強していませんでした。そのため中2でテストの点数がとても悪くなり悩んでいました。転校の関係で3年生から全く部活もなくなるから塾に入って頑張ろうと思っていた時に見つけたのが岡本塾でした。インパクトのあるホームページを見て、話を聞きに行くと、どこの塾よりも詳しく色々な事を教えてくださったため、入塾を決めました。

 

岡本塾の先生は全員フレンドリーでおもしろく、とても話しやすかったのですぐに慣れました。志望校について悩んでいた時は生徒の意見を尊重しつつ、何度も何度も相談に乗ってくれました。本当に信頼できる先生ばかりです。

 

定期テストの対策は試験に2週間前から始まるためじっくり勉強できるうえに、直前の日曜日には12時間特訓もあったので今までよりもしっかりと準備ができました。そのため2年生の時よりも内申点を大きく上げることもできました。

 

また、夏休みにあった夏合宿では一日中友達と共に勉強をしてきたため受験に対する意識が高まり、それから受験まではほぼ毎日塾に通うようになりました。苦手だった英語もそこで文法や単語を覚え直すことにより克服することができました。12月以降はどこの塾よりも多いプリントや模試をもらい、それをひたすらに解き続けていきました。問題を解けば解くほど点数が取れるようになっていき、だんだんと自信がつきました。大量の模試をやっていくのは大変だったけど、友達がどこまで進んでいるのかが表になって掲示されていたので、それを見て自分も頑張ろうという気持ちになってやってきました。

 

入試本番では、共通選抜で思うように点が取れずにとても落ち込みましたが、先生や先輩、仲間に励ましてもらい気持ちを切り換えて特色検査、面接に臨むことで、なんとか第一志望の高校に合格することができました。

 

最初は全く届いてなかった志望校に合格することができたのは、やはり楽しい塾の先生と仲間がいたからだと思います。本当に岡本塾に入って良かったです。ここほど生徒のやる気に応えてくれる塾はないと思います。みなさんもぜひ、岡本塾に来てみてください!

岡本 | 岡本塾とは | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
生徒の合格体験記1

生徒の翠嵐合格体験記です。

 

「友達や先生のおかげで最後まで諦めずにいられました。本当に感謝しています。 岡本塾は素敵な塾です。ここでは他の塾ではできない体験ができると思います。」

 

私は岡本塾に入塾して3年目になり、今では岡本塾で良かったと思っています。本当です。

塾の魅力はきっとこの紙に書ききれないでしょう。たくさんの思い出があります。私の場合、学校の思い出よりも塾の思い出の方がたくさん残っています。本当に楽しかったです。

“翠嵐専門”の塾というと、とても自分とはかけ離れたように思えるかもしれません。翠嵐高校といったら県内でもトップの公立高校です。

私が入塾したころは、自分で勉強する習慣もなく、翠嵐高校なんて夢のまた夢だと思いました。しかし岡本塾のおかげで、私は翠嵐に合格しました。多分、他の塾では無理だったと思います。

 

岡本塾には、定期テスト前に、12時間特訓や当日朝練があり、十分なほどの勉強時間が与えられるので、テストではきちんと点数がとれました。他の塾と違って、副教科の勉強にも時間を費やすことができるため、成績を確実にとることができます。

また、3年生になってからは、合宿や大晦日・正月特訓などのイベントがたくさんあり、他の校舎のライバルたちと直接会うことで意欲が高まり、楽しく勉強できました。このように切磋琢磨してきたことは入試のとき、大きな励みとなりました。

 

入試前は5教科のテストだけでなく特色対策や面接練習もたくさんやりました。入試では、自分の思ったように点数をとることができず、悔しくて、どうしたらいいのかわからなくなっていましたが、友達や先生のおかげで最後まで諦めずにいられました。本当に感謝しています。

 

岡本塾は素敵な塾です。

ここでは他の塾ではできない体験ができると思います。

岡本 | 岡本塾とは | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保護者様の合格体験記20

保護者様の合格体験記です。

 

お世話になる先生も1人か2人のため、最後まで責任をもって面倒を見ていただきました。入試前の子供の不安な時や、親としてご相談したい時も「ちょっといいですか?」で時間を取っていただきました。これはとても心強かったです。」

 

岡本塾の良いところは、少人数の授業のため、先生が1人ひとりの性格から勉強の進捗状況までよく見て下さっており、その子の個性に合った指導をして下さること。高校の情報を見きれない程たくさん提供され、後悔のない学校選びができること。ハイレベルで競い合い、共に頑張れる仲間がいることだと思います。

 

また塾が学校の定期テストの「ヤマ」をはらないところも良い点だと思います。塾によっては「この中学のこの教科はココが出る」というプリントを渡したりしているようですが、私は学校の授業もしっかりと聞き、「テストのヤマ」は自分で考えるものだと思っています。その場しのぎの勉強ではなく、この先もずっと使えるそれぞれに合った勉強スタイルを見つけるのも大切です。その代わり、問題プリントは本当にぜいたくにいただき、沢山の問題をこなしていたようです。

 

お世話になる先生も1人か2人のため、最後まで責任をもって面倒を見ていただきました。入試前の子供の不安な時や、親としてご相談したい時も「ちょっといいですか?」で時間を取っていただきました。これはとても心強かったです。

 

岡本塾は「公立トップ校受験塾」で売っていますが、娘の場合は、第1志望が私学でした。ダメだったら公立のつもりでしたので、公立の5教科の学習もしつつ、私学3教科の学習もする。それぞれの受験スタイルを認め、指導していただいたことも有難かったです。

 

我が家は娘の上に息子もいて、二人共、岡本塾でお世話になりました。息子の方は第2志望の高校に決まったのですが、この時の併願校のアドバイスをいただいたのも岡本塾です。一人ひとりに合わせて悔いの残らない受験をサポートしてもらえた岡本塾にとても感謝しています。ありがとうございました。

岡本 | 岡本塾とは | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保護者様の合格体験記19

保護者様の合格体験記です。

 

「岡本塾以外にも大手や個別の塾でお話しを聞きましたが、岡本塾のホームページで見ていた少人数で、他の塾より目が行き届いて細かく指導されている様子を実際に見て決めました。」

 

3の春に岡本塾へ入塾しました。

 

関西より転校してきてこちらの受験について知らなかったので塾には入れようと思っていました。岡本塾以外にも大手や個別の塾でお話しを聞きましたが、岡本塾のホームページで見ていた少人数で、他の塾より目が行き届いて細かく指導されている様子を実際に見て決めました。

 

神奈川県の公立高校は内申点が大切ですが岡本塾の2週間前からのテスト対策のおかげで大きく内申が上がりました。おかげで志望校の平均内申に届くことが出来ました。

 

他にも英検、漢検も希望者は塾で合格へのフォローもしていただけます。

子どもは苦手だった英語も塾のおかげで英検準2級に合格。私立の併願校選択の幅が広がりました。

秋以降、自習も合わせて毎日塾に行き、分からない事はすぐ先生に聞いて、テストの直前まで過去問、予想問題、模試と大変だけど多くの問題を解くことで点数も取れる様になりました。

 

本番のテストが思う様に取れず、落ち込んでいる子に先生が励まし、次の特色テスト、面接へと気持ちを向けてくださった事で合格することが出来ました。

 

最後まであきらめず頑張って結果が出たという体験はこれからの子供の将来にも心の支えになると思います。

 

横浜へ来て岡本塾に出会えて事はとてもラッキーだったと家族で思っています。

有難うございました。

岡本 | 岡本塾とは | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保護者様の合格体験記17

保護者様の合格体験記です。

 

親も、これ程熱く受験に臨んでくれるとも思っていませんでした。」

 

3の春から岡本塾へお世話になりました。それまでは公文に通っていました。中学に入ってから受験に向けた塾はどこへ行ったらいいのだろう?と息子と話はしていましたが、少しのんびりしすぎてしまい、中2の冬からあちらこちらと情報収集や見学を始めました。“翠嵐専門”という岡本塾は、敷居が高く感じられましたが、体験してみると「何だかおもしろそうだ」という良い印象でした。本人が気に入ったのなら…と「息子は成績悪いですが…公立に行けるようにお願いします」と入塾させて頂きました。

 

入塾して間もなく受験説明会へ参加しましたが、この時は焦りました。

1.2年生保護者が多く、中3で、しかもかなり内申を持っていない状況だと思い知らされたので、不安になりました。「もう少し早く入っていればよかった」と後悔しました。そして…ついていけるのかな?と。

しかし、息子は1年後入塾時に漠然としていた(内申からしたらちょっとがんばってこのくらい?)と思っていた学校より、(まさか行けるとは思っていなかった)学校へ、強い志と持って入学することができました。

 

松井先生がね…友達がね…と(時々)話してくれる顔ととても楽しそうで岡本へ行くことを全く面倒がらずに、むしと、すすんで行っていました。

思春期の息子に「勉強ちゃんとしてる?」などと小言を言わずに済んだのは、毎回授業後に送られるメールが届くおかげでした。丁寧に授業内容や、子供達の雰囲気などお知らせいただきました。“ちょっと今日はきびしく指導しました…”とメールを見たとき、わざと“先生きつくない?”ときいてみると…“先生は俺達の為に言ってくれたんだよ!”厚い信頼度がわかりました。大詰めになった時期、内申の低さから懸念していた志望校へ背中を押してくれたのも松井先生だったから。本人も強い心で臨めたのだと思っています。そして、良い結果が出せたことで、報われ、深く感謝していると思います。

私共、親も、これ程熱く受験に臨んでくれるとも思っていませんでした。これから高校生活、大学受験にも大きく将来を繋げて頂いた岡本塾に感謝いたします。

岡本 | 岡本塾とは | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保護者様の合格体験記16

保護者様の合格体験記です。

 

志望校合格は嬉しかったですが人間として目標にむかって真剣に頑張ることを教えてもらったこと感謝しています。」

 

大倉山岡本塾に入塾できたことは本当によかったことと、娘が塾で先生と仲間と過ごした日々は、生涯の大切な出来事の1つとなりました…。

 

入塾前の中2の冬までは、ある大手塾の評判も人気も1の元講師を自宅に呼んで勉強していました。親としても、その頃は成績1段階でも、テストで1点でも上がってほしくて、本人よりも必死でしたが…。思うようにはのびませんでした。チラシで大倉山開校を知り、入塾テストと体験学習を受けさせてもらうと…受け身だった本人があの塾で頑張ってみたいと言い出しました。先生と仲間に恵まれ不思議と以前よりも部活と勉強が両立出来て楽しそうに通っているのをみて、妹まで入塾したいと言い出しました。噂が広まり(?)いろいろなお母さんに、入塾したいと問い合わせをもらったくらいです。営利主義の塾とは違って人数制限や入塾テストもあるので、岡本塾との出会いを大切にしようと思いました。

 

部活を引退すると、娘は毎日塾に通いました。合宿や12時間の特訓、年末年始は岡本塾で終わり岡本塾で始まりましたのでもう先生も仲間も家族以上に熱い絆でした。この素晴らしい信頼関係は岡本塾でしか得ることが出来ないと思います!

本番入試が終わると次の日は忙しい塾長が面接の連流を10時間も特訓してくださり、驚きの面接で100点取ることも出来ました。

誠意ある先生方を信じて強い自分を持ち、時間と…岡プリを大切にすれば、必ず結果がついてきます。

 

志望校合格は嬉しかったですが人間として目標にむかって真剣に頑張ることを教えてもらったこと感謝しています。

岡本 | 岡本塾とは | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保護者様の合格体験記14

保護者様の合格体験記です。

 

大手の塾の説明も聞きましたがあまりしっくりこず、部活も夏まであるので近くて面倒見の良いところをと思い、岡本塾に決めました。」

 

そろそろ塾は入らないと受験に間に合わないと慌てて塾を探し始めたのが中3になる直前。大手の塾の説明も聞きましたがあまりしっくりこず、部活も夏まであるので近くて面倒見の良いところをと思い、岡本塾に決めました。

 

息子は中2から大綱中へ転入したこともあって、まず内申点を取るが難しいと思っていました。しかし、岡本塾での定期テスト前の集中した勉強や提出物等への高い意識によって、併願優遇を希望する学校に足る内申点を取ることが出来ました。そのおかげで受験校は受けたい学校だけに絞り、結果、志望校へ合格することが出来ました。

 

公立トップ校を目指す塾ということですが、国立、私立にも対応していただきましたし、英検2級の面接の練習までやってもらいました。少人数の塾ならではの細かい対応がありがたかったです。

 

お世話になった先生方、仲良くしてくださったお友達、皆様に感謝です。

岡本 | 岡本塾とは | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保護者様の合格体験記13

保護者様の合格体験記です。

 

「ひとつのことをやり遂げた満足感と自信に満ちた笑顔を見られたことが親として何よりも幸せに思います。」

 

小学校の時に、大手塾に入塾していましたが、信頼していた塾長が遠方に転勤になり、不安に思っていた頃、岡本塾の説明会があり参加しました。神奈川の受験は学校の内申点が大事とのことで、学校の定期試験対策に副教科も含めて力を入れて下さることに興味を持ちました。ただ塾の決め手は、あくまでも子供と先生の相性だと考えていたので、とりあえず体験に行かせることにしました。子供は前の塾に友達もいたりで、はじめは乗り気ではなかった様ですが、体験に参加し、菊名校の若目田先生と接して、転塾することに何もためらいもなくなった様です。

 

中学生になり、定期試験毎に特訓があり、適度な緊張感を持ちつつ、あっという間に中学三年生になりました。

この間難しい年ごろになり、親の意見も聞きいれない時など、若目田先生に相談し、子供に諭して頂いたこともありました。

塾の生徒も意識の高いお子さん達で、仲間の頑張りも本人にとっていい刺激になったと思います。年が明け一月に入ると、受験に向けて塾一丸となってまっしぐらという感じで、親はただただ先生方におまかせして見守るだけでした。

結果。子供があこがれていた志望校に合格しました。ひとつのことをやり遂げた満足感と自信に満ちた笑顔を見られたことが親として何よりも幸せに思います。

 

高校受験のために塾選びはとても大切なことだと思います。振り返ってみて、やはりあの時、岡本塾を選んで、本当によかったと親子で思います。

先生方、長い間お世話になりありがとうございました。

岡本 | 岡本塾とは | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/109PAGES | >> |