03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 2019年 神奈川県公立高校入試 理科 講評 | top | “dosh.”運営サイト開始にあたって >>
2019年 神奈川県公立高校入試 社会 講評

昨日の理科に引き続き、社会の解説をいたします。お付き合いください。

 

さて、まずは形式・配点から。

形式は昨年同様、ほとんどの問題が選択問題、一部が単語・短文記述問題でした。

 

学習分野と配点は

問1・2…地理(35点)

問3・4…歴史(35点)

問5・6…公民(30点)

 

あら、地理歴史で7割。

中1・中2の皆さん、理科同様、入試勉強はもう始まっているのですよ!

 

もっと細かく見ていくと、

問1…世界地理

問2…日本地理

問3…古代から近世(江戸時代中盤)の歴史

問4…近代(江戸時代終盤)〜現代の歴史

問5…政治

問6…経済

と、満遍なく出題。

ヤマハッテモムダデスヨ・・・

 

 

 

それでは各設問を見ていきましょう。

 

問1 世界地理

(ア)   (顱法畋舂Α州の位置】5大陸や州の位置の把握ができているか問われました。まあ、歴史の教科書に載っているマゼランの世界一周の地図が頭に入っていれば、よりイージー問題でした。

(髻法敍付変更線】日付変更線の位置と、「日付を進める、戻す」のお決まりの作業ができたかどうか、でした。

(イ)   (顱法攘仞・緯線】本初子午線と赤道の位置が頭に入っていれば問題なし。特に赤道は3大陸のどのあたりを通っているのか覚えるのは必須です。正答率は低めと予想。

(髻法攴外国の鉱工業】ナイジェリアとベネズエラの輸出品を問う問題。ナイジェリアとベネズエラまで知識を網羅している中学生はそうはいないはずです。しかし、図の他の輸出品目をよく見た受験生なら想像はつくかな、と。つまり、知識を求めている問題ではなく、図を見て仮説を立てられるかどうかを問う問題だった、ということでしょうか。正答率は低めと予想。

(ウ)【雨温図・諸外国の農業】アルゼンチンのブエノスアイレスの雨温図を問う問題と、アルゼンチンの農業について問う問題。南半球なので北半球と季節が逆、そしてリード文に温暖湿潤気候と書いてあるので、雨量の想像を促す仕掛けもありました。パンパについては知識問題。

(エ)【グラフの読み取り】中国とベトナムの位置が分かっているかという地理の知識以外は、単純にグラフの読み取り問題。まあ、小学校算数の割合の概念がわかっていないとできませんが。苦手な子が多い「割合」が、高校入試になっても尾を引くという・・・

 

問2 日本地理

(ア)   【グラフの読み取り】2問続けてグラフの読み取りです。これも割合の概念が分かっていれば簡単、割合の概念が分かっていなければ難問。

(イ)   【再生可能エネルギー】ただの暗記問題。枯渇しないであろうエネルギーは地熱。

(ウ)   (顱法撻蝓璽品犬ら時代を予測させる】「福岡県」「襲来」という条件で、元寇を考えさせようとするひっかけが見事(笑)正解は白村江の戦いの後の襲来に備えて作ったのが水城。このひっかけがあるので正答率低めを予想。

(髻法效録泙諒位の読み取り】二つの縮尺が違う地図を融合できるかという問題。

(鵝法效録泙僚娘椶瞭匹濕茲蝓曚海譴發泙親鵑弔僚娘椶違う地図を融合できるかという問題。あとは簡単な縮尺の計算ができたかどうかです。偉そうに言うと、縮尺は数学では相似なので、社会と数学の融合問題(笑)

    (堯法效録泙良弦發瞭匹濕茲蝓枦高線が細かいですが、辛抱強く線を追って数えていましょう。

 

問3 古代〜近世の歴史

(ア)   【古代の世界史】古代文明、ローマ帝国、三大宗教の成り立ちの年代把握ができているか問う問題でした。近代までの世界史は細かい年号までは覚えなくてもよいので、「世界史のこの出来事は日本で言えば何時代のことなのか?」だけは覚えておいてください。

(イ)   【土地制度の変遷】班田収授法→三世一身の法→墾田永年私財法の流れと、その内容が分かっているかを問う問題です。

(ウ)   【中世の世界史】5つの世界史のできごとを年代順に並べ替える問題。すべてのできごとの説明が若干抽象的になっているので、知識が曖昧な受験生にとっては難したったかも。正答率非常に低めと予想。

(エ)   【建武の新政時の資料問題】資料を見て、この当時に京都がどのようになっていたのかを推測する問題。リード文に後醍醐天皇と書いてあるので、建武の新政がどのように始まり、どのように終わっていったのかという概要を知識として知っておく必要がありました。

(オ)   【勘合貿易】勘合貿易の輸出品・輸入品を選ぶ問題。勘合貿易に限らず、後述するイギリスの三角貿易など、他の貿易も教科書に載っている範囲の輸出品と輸入品をおさえておきましょう。

(カ)   【座と楽市楽座の資料問題、徳政令】う…座とは何か、そして楽市楽座とは何かがわかっているのか問う問題。 え…徳政令とは何かを問う問題。 ただ座・楽市楽座・徳政令という言葉を知っているだけではだめで、意味まで大まかに言えないと正解にたどり着けません。

 

問4 近代〜現代の歴史

(ア)   【アヘン戦争とその後の日本】アヘン戦争を境に、欧米諸国に対する日本の考え方が変わってきたことが分かっているのか問う問題。

(イ)   【三角貿易】三角貿易を通してのイギリスの富の蓄積について問う問題。三角貿易の内容がわかっていれば、グラフの内容も容易に理解できました。

(ウ)   【日清戦争・日露戦争関係の並べ替え問題】日清戦争・日露戦争の原因・経過・結果の3点を知っているのか問われた問題。近代の最重要事項ですのでこれは出来てほしいのですが、これもまた若干抽象的な内容の文章になっているので正答率は低めかと思います。

(エ)   【第一次世界大戦前後の資料問題】日英同盟や二十一か条の要求、ワシントン会議に関する資料問題。ただし、日英同盟や二十一か条の要求、ワシントン会議といった言葉は一言も資料に載っていないので、歴史の流れを把握していないと難しいでしょう。正答率低めと予想。

(オ)   (顱法撻汽鵐侫薀鵐轡好格刃他鯡鵝ζ米安全保障条約】吉田茂がサンフランシスコ平和条約と日米安全保障条約の調印をした知識があれば問題なし。ただし、日米安全保障条約の大まかな内容が説明できる必要があります。

(髻法畋萋鷦\こβ臉鐐宛紊瞭本と諸外国との絡み】国際連合は戦後にできたので戦後のできごとを選びましょう。明治以降は世界と日本が密接に絡みあうようになるので、おおまかな流れを自分で説明できるようにしておきたいですね。

 

問5 政治

(ア)【日本国憲法・大日本帝国憲法】2つの憲法の成り立ちと内容についての知識を問う問題でした。非常に紛らわしい、ひっかけを誘うような問題文でしたので正答率は低めを予想。

(イ)(顱法攷靴靴た邑◆朷法には明示されていない人権についての問題。知識問題でした。

  (髻法攷邑△諒歉磧杠枷輯韻噺〇ヾ韻琉磴ぁ検察審議会の内容を問う問題。自信を持って答えられた受験生はあまりいないでしょう。

(ウ)(顱法攤眄政策と金融政策】政府が行う財政政策と日銀が行う金融政策の違いを問う問題でした。正答率低めと予想。

  (髻法攤估と歳出】歳入・歳出の内訳を問う問題。これは教科書や資料集のグラフを読む癖がない受験生には難しいでしょう。正答率がかなり低めと予想。

(エ)【効率と公正・多数決の欠点】現代社会からの出題です。これ、受験生は面食らったでしょう。しかし問題内容自体は考えれば解けるものでした。

 

問6 経済

(ア)(顱法攬拌悄曚茲見る円とドル、円とユーロの為替ではなく、ドルとユーロの為替でした。慣れない通貨同士の関係性を問われても、基本はその通貨の価値が高まったかどうかを考えれば大丈夫。1ドルの飲み物をユーロで買ったらいくら?といった具合に。

(髻法數念廖弊峪・黒字)の資料問題】単純に貿易赤字・貿易黒字という言葉を知っているだけではダメ。赤字の意味、黒字の意味までおさえておきましょう。

(イ)【クーリングオフ・クレジットカードの仕組み】クーリングオフとクレジットカードの仕組みを問う問題。

(ウ)【気候変動枠組条約・温暖化の影響】京都議定書が有名なので引っかかった受験生も多いかと。紫外線の増加はフロンガスによるオゾン層の破壊が原因。

 

 

各設問の講評は以上となります。

 

こうやって見てみると、昨年同様、いやらしい問題が多いです。

未だに「社会は暗記科目」だと思っている生徒にとってはとてもじゃないですが歯が立たない問題となっています。また、例年通り文字数が多いので、理科同様に問題文を丁寧に読み切るという読解体力がないと得点は難しいです。

平均点は恐らく昨年並みでしょう。理科が簡単になったので5科目で一番低いかな・・・

暗記すればできるようになる科目であれば、5科目で一番平均点が低いなんてことはないですよね?

いわゆるトップ校を受験する生徒であっても90点以上なかなかいかないかな・・・

 

 

 

最後に

理科でも書きましたが、社会も中1・中2範囲がかなり出題されます。定期試験勉強を利用して、各単元の勉強を一つ一つ丁寧に身に着けていきましょう。これもまた理科でも書きましたが、一度学習した範囲はその後もう一度学校で復習することはほぼありません。一期一会の精神で、出会った知識は一撃で吸収するような意気込みでお願いしますね。そしてこれもまた理科同様、学校で使っている教科書や資料集をよく読んで、書いてある文や図を見て、なんでそんな産業が発達しているのか?なんでそんな歴史事件がおこったのか?といった「なんで?」を大切にしましょう。特に歴史は、文章として流れが書いてある学校の教科書を積極的に活用したほうがいいですね。教科書の音読、大事。

また、具体的な社会の用語を出さすに抽象的な選択肢を用意してくるので、抽象→具体の変換がすぐにできないと頭の中がパンクしてしまいます。普段の生活から具体→抽象への昇華ができるような思考をしていきたいですね。

逆に社会の用語の内容を説明をできるようにしていきましょう。一問一答集を逆に使って、各用語の説明を隠し、その用語の説明をする訓練なんていいかもしれません。

岡本 | - | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: