05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 2019年 神奈川県公立高校入試 社会 講評 | top | 進学重点17校の「5教科+特色」攻略法セミナー&個別相談会 >>
“dosh.”運営サイト開始にあたって

いよいよdosh.の運営サイトが本格稼働します。まずは今春の神奈川県公立高校入試のおおよその雰囲気を知っていただくための科目ごとの分析と、受験者平均点の発表からスタートします。

 

さて、時間は戻りまして、dosh.が始まった経緯を。

慧真館の岸本先生、すばるの中本先生が、それぞれこの件でブログがあがると思いますが、ここのブログでは私岡本目線でお話させていただきます。

まずは岸本先生関連から。岸本先生は数年前に初めてお会いしました。開校当初から凄い実績を出している塾だと聞いていまして、しかもあのブログのクオリティー。すぐにブログのファンになりました。とは言っても横浜と小田原の塾ですので、その後なかなか直接お会いする機会もなく時が過ぎました。転機は昨年の4月に行われた名古屋での塾ブログフェス。岸本先生が愛知の國立先生と共に塾ブログフェスを共同開催されると聞き、当然申込。ブログフェスの後の懇親会で久しぶりにお話して、距離感が縮まりました。そしてその後は結構な頻度で小田原に出向くことに(笑)

次に中本先生。中本先生との関りは、“すばる”という鎌倉の凄い塾があるという話を教材会社の方から伺ったところから始まります。いつかお会いしたいなと思っていたところ、昨年の小田原での会合の席で初めてお会いすることができました。(また小田原かい(笑))その時、中本先生も素晴らしい先生だなと思い、会合の後、岸本先生に“いつか3人で何かできればいいですね”と提案しました。

話が急展開したのは昨年末。中本先生を岡本塾にお招きする機会に恵まれ、意気投合。その場で中本先生から“3人で何かやりませんか?”というお話を受けます。むしろ、こちらから提案したいところだったので、願ったり叶ったりです。その後は話がトントン拍子で進み、今回のdosh.の立ち上げに至りました。

 

さて、そのdosh.設立について。dosh.は神奈川県の実力のある個人塾が集まり、“神奈川に新しい風を”を目標にします。神奈川県は全国でも稀に見るレベルで大手塾の寡占が進んでいます。生徒数1万人以上の規模の大手塾が4つも存在するのは神奈川県だけだそうです。それだけ大手塾に生徒が集中すれば当然、零細個人塾にしわ寄せが来ます。せっかく教務力・人間力に富んだ素晴らしい先生が教えている塾であっても、地域に選ばれずに埋もれてしまっている現実があります。これは地域にとっての損失です。それではいけない、実力のある個人塾がもっと地域に認知されないと!

dosh.設立メンバーの慧真館・すばる・岡本塾は、毎年素晴らしい実績を叩き出す超職人塾です。慧真館は小田原にありますので厚木・小田原・平塚江南といった県西地区のトップ校を中心に、すばるは鎌倉にありますので湘南・柏陽・横須賀といった湘南地区のトップ校を中心に、岡本塾は横浜にありますので横浜翠嵐・川和・多摩といった横浜川崎地区のトップ校を中心に、それぞれ十分な実績を積み重ねています。dosh.の意味は呉越同舟から転じて“同じ舟の上で共闘する同志”。まずはdosh.の3塾が先頭に立って、神奈川県という同じ船にいる個人塾の素晴らしさを発信していきます。そして実力のある個人塾が塾選びの選択肢として挙がるようになればと考えています。とにかく3塾とも気合入っている塾なので、是非是非ブログやTwitterをご覧ください。3塾の人間力・教務力・情報力の一端をご理解いただけるかと思います。

 

最後に。今回開示しました自己採点。dosh.は個人塾の集まりにつき、各高校の受験者数はそれぞれわずかなので、同レベルの高校ごとにグループ分けという形を取らせていただいております。ご理解ください。しかし、こういった情報を素早くご提供できるスピード感は個人塾ならではだと思っています。その個人塾のスピード感は授業でも発揮されます。早速、今春入試の傾向の変化を見て、授業に反映することができますよね。個人塾、凄いでしょ?もっと個人塾のこと知ってくださいね。もちろん、dosh.も積極的に情報発信していきますので。

岡本 | 岡本塾とは | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: